マークシートの基礎知識。マークシートとは?種類や方式など

試験やアンケートなど、誰でも1度は使ったことがあるマークシートですが、マークシートについて深く考えたことはありますでしょうか?公共競技である馬券の販売機も実はマークシートが採用されています。

このページでは、マークシートとはそもそも何か。種類や回答方式、歴史、採用例、メリットやデメリットなど、マークシートの基礎知識を詳しく解説しています。

マークシートに興味がある方や、マークシート方式を学校内の試験や会社内のアンケートツールなどに採用したいと検討している方などは、是非参考にしてみてください。

続きを読む

アンケートの収集方法5選。メリット・デメリットで比較

社内でのアンケートをはじめ、顧客満足度調査や市場調査など、統計を取るためにはアンケートは重要な手段です。

近年では、GoogleアンケートやSurveyMonkeyなど、無料で使えるWEBサービスも充実してきました。

このページでは、昔ながらの電話アンケートをはじめ、マークシートを利用したアンケート、WEBアンケートなど、アンケートの収集方法をまとめています。

アンケート収集の方法に迷っている方は是非参考にしてみてください。

続きを読む

【2020年最新版】おすすめ製造業向け通販サイト5選

機械・設備の交換部品や、潤滑剤やウエスなどの消耗品、ヘルメットや軍手などの保安用品、これらは生産には直接かかわりのない副資材やMRO(間接材調達物)と呼ばれています。

みなさんの働く会社では、副資材・MROはどのように購入しているでしょうか。

製造業の現場には、機械工具商社や理化学機器商社をはじめとする出入り業者がおり、その業者から消耗品や保安用品、補修部品などの副資材を購入しているかと思います。

そんな製造業の現場ですが、近年ではECサイトと呼ばれる通販サイトが台頭し、現場で使う多くの物を安価に短納期で購入することができるようになりました。

今回は、通販サイト利用を検討している方に向けて、各サイトの特徴やおすすめ出来る業種・職種をまとめました。

続きを読む

同心度と同軸度の英語表記

部品図面や加工図面は、一般的に万国共通で誰が見てもわかるようになっています。

そこで思うのが用語を英語にするとどうなるのかということです。

このページでは、同心度と同軸度の英語表記を解説します。

続きを読む

同心度と同軸度の違い。JISの定義や幾何公差の記号など

円柱形状の部品や円筒形状の部品では、軸の中心がいかにズレていないかということが重要となります。

それらの用語として、同心度や同軸度というものがあり、JISでも厳密に定められています。

このページでは、同心度と同軸度の違いについて解説したいと思います。

続きを読む

同芯度・同心度の測定方法。アナログとデジタルの利点・欠点

サイズとは異なり、幾何公差である同心度(同芯度)は、形状や位置が正確であることが、最終製品の品質に大きく影響を与えます。

そのため、シャフトやピンなど、円柱形状・円筒形状の加工部品は、図面上の寸法公差だけでなく、同心度および同軸度の公差を忠実に再現する必要があります。

このページでは、同心度(同芯度)の測定方法をアナログ的な方法で測る方法、デジタルで測る方法の2つの視点で解説していきます。

続きを読む

同芯度・同心度とは。円柱形状・円筒形状のワークの精度に直結!

同芯度(同心度)と聞いてピンとくる方は、日頃からシャフトやブッシュなど、旋盤やマシニングセンターを駆使して金属や樹脂のワークを触っている方かと思います。

そんな円柱形状や円筒形状のワークの精度は、どれだけセンターが出ているか、芯や軸がブレていないかが大切になってきます。

円柱形状や円筒形状には付き物、このページでは、同芯度(同心度)について解説します。

続きを読む

エネルギーマネージメントシステム(EMS)とは。EMSと関連用語

EMSと聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

一番に思い浮かぶのは、郵便のEMS(Express Mail Service)、国際スピード郵便ではないでしょうか。

EMSと言ってもいろいろな意味があり、このページでは、EMS(Environmental Management System)・エネルギーマネージメントシステムについて解説をします。

続きを読む

超硬合金(超硬質合金)とハイス鋼(高速度鋼)の違い

超硬合金とハイス鋼は何かと比較されるケースが多い金属素材です。

価格だけで比較するとハイス鋼が有利ではありますが、硬度だけを比較すると超硬合金が有利となります。

このページでは、超硬合金とハイス鋼の違いについて、そもそもの素材の違いや特性や特徴の違いを詳しく解説します。

続きを読む