鳥害・害鳥の基礎知識|鳥害と害鳥の違い。鳥害とは・害鳥とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

工場の現場で気になる鳥の被害。

糞や住家を作ることで、工場内の環境汚染をはじめ、糞による環境汚染や設備への悪影響も心配されます。

このページでは、そんな鳥害や害鳥についてそれぞれの違いを解説します。


鳥害とは

鳥害とは、ハトやカラス、ムクドリなどによる被害のことです。

被害を及ぼす鳥によって、地方では農作物や水産物を荒されたり、都市部では糞の悪臭や鳴き声などが問題となります。

そのほか、工場がある場所では、敷地内に巣を作ることで糞による被害もあります。

鳥や鳥の糞には菌がたくさん付いているため、食品工場では食の安全面でも問題となります。

また、食品工場でなくとも、機械や設備に糞が付着すると劣化の原因になったり、完成品に付着すると不良の原因になります。

害鳥とは

害鳥とは、ハトやカラス、ムクドリなど、害を及ぼす鳥のことです。

一般的な人間環境においては、ゴミ捨て場の生ゴミを荒らすカラスが害鳥の代表例となります。

日本における代表的な稲を食べるスズメをはじめ、水産物を捕食するカワウやサギなど、農作物を荒らすカラスも害鳥の一種となります。

食品工場においては、廃棄する残差を目当てに害鳥が寄ってきたり、住家を作るなどで鳥害を増やしてしまう可能性もあります。

鳥害と害鳥の違い

ここまででお分かりかと思いますが、鳥害と害鳥の違いをまとめると言葉の通り

  • 鳥害は、鳥が及ぼす人や環境、農作物や水産物への害
  • 害鳥は、人や環境、農作物や水産物に害を与える鳥

と言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。鳥害も害鳥もあまり良いものではありませんね。

害鳥の対義語は益鳥と、メリットをもたらす鳥もあるようです。

工場内で鳥害や害鳥の対策も適したものを探してみてください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

鳥害対策・害鳥駆除には何がピッタリ?

住空間をはじめ、公共施設や工場・倉庫など、害鳥による被害、鳥害は、深刻な問題です。

現在では、対策の方法もたくさんあり、それらをインターネットで簡単に探し出すこともできます。

安いものから高価なものまでいろいろな種類がありますので一番合う対策を探してみてください。


Amazonで鳥害対策を探す

SNSでもご購読できます。