樹脂の英語はプラスチックではない?樹脂を英訳すると何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本語の樹脂を英訳するとプラスチック(Plastic)だと思っていませんか?

実は、樹脂を英訳してもプラスチック(Plastic)とはなりません。

本ページでは、樹脂の英語について解説します。


樹脂の英語

樹脂を英訳すると、「Resin(レジン)」となります。

逆に、Resinを和訳すると、「樹脂」、「松やに」、「合成樹脂」などの意味となります。

しかしながら、合成樹脂を正確に英訳すると「Synthetic Resin(セティックレジン)」となるため、Resinは、「樹脂」や「松やに」と覚えておくとよいかと思います。

Plastic(プラスチック)とは

樹脂を英訳しがちなプラスチック(Plastic)ですが、Plastic(プラスチック)とは何かを考えてみましょう。

そもそもPlasticという英語は形容詞であり、Resin(レジン)のように名詞としては使われません。

Plasticという英語には、「成形された」、「可塑性の」という意味があります。

プラスチック(製)の、ビニール(製)の、形を造る、形成力のある、可塑(かそ)(性)の、塑造の、柔軟な、感受性の強い、人工的な、不自然な

Plasticとは|weblio

日本人が一番と言っていいほど馴染みのある英語では、ビニール袋の英語である「Plastic Bag(プラスチックバック)」が「成形された」や「ビニール製の」という本来の使われ方の代表的な例ではないでしょうか。

まとめ

樹脂の英語は、Resin(レジン)であり、Plastic(プラスチック)ではないと理解していただけましたか?

イメージだけだと樹脂=Plastic(プラスチック)ですが、本来の英語ではなくカタカナ英語となるため注意が必要です。

樹脂の英語を正しく理解していろいろな場面でResin(レジン)を使ってみてください。

レジンとプラスチックの違いは、「レジン(Resin)とは?レジンの意味や種類。プラスチックとの違い」も一緒に参考にしてみてください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生産財や交換部品が購入できるECサイトまとめ

生産財や副資材、消耗品、交換部品など、

近年では、インターネットで何でも購入できる時代になりました。

そんなECサイトをまとめた記事を公開中!

是非、参考にしてみてください。


おすすめ製造業向け通販サイト5選

SNSでもご購読できます。