基礎知識

エネルギーマネージメントシステム(EMS)とは。EMSと関連用語

EMSと聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

一番に思い浮かぶのは、郵便のEMS(Express Mail Service)、国際スピード郵便ではないでしょうか。

EMSと言ってもいろいろな意味があり、このページでは、EMS(Environmental Management System)・エネルギーマネージメントシステムについて解説をします。

続きを読む

超硬合金(超硬質合金)とハイス鋼(高速度鋼)の違い

超硬合金とハイス鋼は何かと比較されるケースが多い金属素材です。

価格だけで比較するとハイス鋼が有利ではありますが、硬度だけを比較すると超硬合金が有利となります。

このページでは、超硬合金とハイス鋼の違いについて、そもそもの素材の違いや特性や特徴の違いを詳しく解説します。

続きを読む

グリスアップ・給油・給脂 3つの言葉の違い。意味や対象の潤滑剤とは

給油、給脂、グリスアップ。どれも潤滑剤を補給する言葉ですが、微妙に違う意味合いとなります。

このページでは、どのような場面でどの言葉を使用するのか、3つの言葉はどう違うのかについて解説します。

※給油・給脂・グリスアップのやり方については、「給油・給脂・グリスアップの方法まとめ」を参考にしてください。

続きを読む

グリス(グリース)と潤滑油(オイル)の違いを解説

よく似ているグリス(グリース)と潤滑油、どちらも潤滑剤の一種ですが、全くことなるモノとなります。

グリス(グリース)と潤滑油では、用途や特徴も異なり、使用する場所によっては不向きな場合もたくさん存在します。

このページでは、グリス(グリース)と潤滑油の違いを解説します。どちらを使えばよいか迷った時の参考にしてください。

また、比較表も公開していますので参照の上、グリス(グリース)か潤滑油どちらかを選定いただければと思います。

続きを読む

【グリスアップの方法】駆動部品への給油・給脂・グリースアップの仕方とは

ベアリング(軸受け)やチェーン、スプロケット(歯車)など、駆動部品の故障や破損を保全するためには、潤滑剤による給油・給脂が必要不可欠となります。

給油・給脂を疎かにしてしまうと、摩擦や摩耗、かじり、焼き付きが起き、部品が破損してしまい、設備や機械の故障の原因となってしまいます。

このページでは、駆動部品への給油・給脂・グリスアップの方法を解説します。

続きを読む

超硬合金メーカー比較。超硬の製造会社とブランド13社一覧

超硬合金を製作する企業・メーカーは、大きな企業の一事業部から、超硬合金素材だけを専門に製作している会社までたくさんあります。

超硬合金の素材や部品を導入したいと思っても選ぶメーカーによっては得意、不得意があり、適したメーカーを選ばないと求めるモノを手に入れれないかもしれません。

このページでは、超硬合金の製造会社・メーカーをまとめました。メーカー選定の参考にしてください。

続きを読む

超硬合金の基礎知識|組成金属で異なる超硬合金の種類と特徴

超硬合金は、金属炭化物と鉄系金属を混合・焼結して作られる複合材料です。

混ぜられる金属炭化物や鉄系金属の比率や種類の違いによっては、全く違う硬さになったり、特性自体がかわります。

このページでは、金属炭化物と鉄系金属などの組成素材による種類とそれぞれの特徴を解説します。

※超硬合金そのものについて調べたい方は「超硬合金とは」を参考にしてください。

続きを読む